042-548コノシワ-7448ナシシワ

皮膚科・形成外科は、保険診療を行っております

他院修正手術

二重はなぜ食い込むのか?原因と修正手術について

私は日本美容外科学会専門医ですがJSAPSという団体の専門医です。

ご存知の方も多いと思いますが日本美容外科学会という名称でJSAPSとJSASという2つの団体があります。

前述の通り私自身は形成外科関連のJSAPSに所属しているわけですが、先日もう一つの美容外科学会JSASに初めて参加してきました。

というのもJSAS美容外科学会において「修正手術...

切開二重ラインを消す!

みなさんこんばんは。

夏休みシーズンが終わって秋に入り、少し時間ができるかと思いきや、連日多くの患者様よりお問い合わせをいただいている状態です。

それに伴い、カウンセリング、再カウンセリング、そして手術まで、診療時間外に予約枠を広げて行っておりますが、日々予約待機時間、手術待機時間が長くなっていく傾向にあります。

現在、手術が1ヶ月〜1ヶ月半待ち、カ...

なんでこうなっちゃうんだろう?

みなさんお久しぶりです。

池本形成外科・美容外科院長の池本繁弘です。

訳あって長い間ブログの更新を中断していました。

理由は幾つかありますが大きな理由の一つは、モニターさんとしてご協力いただいた患者さんの写真を公開することに抵抗があったからです。

モニター患者さんの多くは手術費用の負担を軽減するためにモニターを志願された方々です。

二重幅狭修正手術における再癒着とその予防について

みなさん、おはようございます。

当院で二重修正手術を希望されるご相談の中で最も多いのが「広すぎる二重幅を狭くする手術」です。

そのため、当院で治療を受けていただけた患者様にご協力いただいて二重幅を狭くする二重幅狭手術について、当院での方法や術後経過について説明して参りました。

修正術1回のみで経過の良い患者様がほとんどで、私自身もそれは喜ばしい事なの...

広すぎる二重幅の修正手術、術後中期経過 <二重幅を狭くする2>

皆さんこんにちは。

池本形成外科・美容外科院長の池本繁弘です。

以前このブログでご紹介させていただいている二重幅が広過ぎてお悩みの患者様が、先日術後3ヶ月検診のためクリニックにお見えになりました。

とても明るい笑顔でお見えになり、手術を担当させていただいた医師として大変嬉しく思いました。

そしてその明るい笑顔に癒されて、私自身も非常に豊...

「幅が広すぎる二重手術」のため生じた「不自然な三重」の修正手術

皆さんこんばんは。

美容手術後、保険手術後の修正治療を希望される患者様に多くご来院いただき、クリニックが非常に忙しい状況であります。

最近では二重まぶた以外にも、目頭切開後の修正、小鼻縮小や鼻中隔延長など鼻の手術後の修正のほか、フェイスリフト、脂肪吸引、陥没乳頭、乳房増大手術後の修正の患者様にも多くご来院いただいております。

現在のところ全て私一人で...

広すぎる二重幅の術後短期経過 <二重幅を狭くする2>

患者様のご協力により、2015年2月14日にご紹介致しました二重幅狭小化手術(幅狭修正)の手術後から抜糸までの経過を供覧致します。

当院では手術後におこる合併症の一つである血腫のリスクを軽減するため手術後翌日もしくは手術後2日目に患部の状態を拝見させていただく事を基本としています。

ただし遠方からの患者様や、ご事情により1〜2日目の外出が困難な方の場合は抜糸までの...

広すぎる二重幅の他院修正手術 <二重幅を狭くする2>

池本形成外科・美容外科では開院以来「目元の修正手術」についての診療に力を入れています。

2015年3月3日、私が自分のクリニックを開院するにあたって、「自分の知識とスキルで社会貢献したい!」という強い思いが有りました。

私は大学病院や美容クリニックで、数多くの美容外科でのトラブル症例を診て、そして先輩先生方とともに修正治療に取り組んできました。

私が...

二重まぶた他院修正手術 <二重幅を狭くする1>

皆さんこんにちは池本形成外科・美容外科の池本繁弘です。

当院は今年2015年3月3日に開院致して、半年が経過しました。

当院での最も多いご相談・治療の一つに他院修正相談・修正手術があります。

自費診療・保険診療を問わず様々な修正治療・修正手術のご相談をお受けするたびに、過去の手術における不具合で悩まれている患者様がこれほど多くいらっしゃるのかと日々感...

院長ブログ

スタッフブログ