03-3272-5666

院長ブログ

失敗しない幅広平行二重の作り方(中・長期経過)

もう随分前に幅広二重の作り方「失敗しないためには?」という記事を紹介いたしました。

私が筆不精なものでブログの更新回数が少なく、術後の経過は1か月までしかご紹介しておりませんでした。

申し訳ありません。

今回、術後3か月および術後6か月までの経過についてご紹介いたします。

いつもながらご協力いただいた患者様には感謝の限りです。

ありがとうございました。

まずは前回のおさらいから。

正しい幅広二重術前開瞼

手術前の状態です。

かなり幅の広い平行二重を希望されていました。

幅広平行二重失敗すると痛手の大きい二重になります。

理由は

  1. 二重ラインの食い込みが強くなりすぎる
  2. 二重が取れやすい
  3. 二重下の皮膚がだぶついて、まつげに覆いかぶさりやすい
  4. 二重の下(まつげの上)がぷっくりする
  5. 目の開きが悪くなりやすい(眠たそうに見える)
  6. 目頭側の二重幅が広すぎになりやすい
  7. 目頭側の二重幅に対して目尻側の二重幅が狭くなりやすい
  8. 弧を描く綺麗なアーチ状の二重になりにくい
  9. 二重ライン周囲の陥凹が目立つ

などです。

上記の問題点は、他院二重手術後の二重修正希望で来院される患者様によく見かける御相談内容と一致します。

幅広平行二重手術は全切開二重形成手術の中でも難しい手術手技になります。

ちょっとした二重ラインの位置や引き込みの強さで、食い込みすぎ、ラインが浅すぎ、二重が取れてしまうなど手術結果が安定しにくい二重です。

上記の問題を引き起こさないように十分配慮した手術術式で二重を作成しなければならない難しい手技です。

正しい幅広二重切開デザイン

かなり広い位置に二重を設定しました。

二重ラインは眉毛に近い位置に設定しており、通常の手術方法ではこの位置で切開すると目が開かなくなってしまう位置です。

正しい幅広二重手術直後開瞼

手術直後はあまり腫れません。

手術直後にはやはり目の開きが悪くなります。

二重の引き込みのコントロールを十分に行なっていますので、それでも目は開いている方です。

正しい幅広二重術後1日開瞼

手術翌日です。

腫れのため二重幅が広くなり、目の開きも手術直後より悪くなっています。

一般的に術後48時間程度が腫れのピークになることが知られています。

ここから抜糸までに大きな腫れが速やかに引いていきます。

正しい幅広二重術後7日開瞼

腫れが減少して二重幅が落ち着いてきています。

それとともに目の開きも改善してきます。

正しい幅広二重術後7日閉瞼

抜糸直後の傷の状態です。

さすがに食い込みや凹みが目立ちます。

正しい幅広二重術後1ヶ月開瞼

術後1か月目では二重幅はかなり安定してきます。

目の開きも良くなりつつあります。

メイクをすれば十分隠せますし、とても術後1か月には見えないと思います。

正しい幅広二重術後1ヶ月閉瞼

ところが目を閉じた状態では二重ラインの食い込みと凹みは目立つ状態です。

幅の広い二重を作る場合は、二重ラインの皮膚は比較的分厚い皮膚になります。

二重が取れてしまわない程度のつい良い引き込みと、逆に二重が食い込みすぎない程度の弱い引き込みのバランスをとることがとても難しい手技になります。

さて、ここからが新しい情報になります。

幅広平行二重切開手術後3か月開瞼

全切開手術後3か月の状態です。

マツエクがとても似合う二重になっていますね。

平行型はしっかりと維持され、目の開きも問題ありません。

幅広平行二重切開手術後3か月閉瞼

傷跡の赤みはほぼ認めなくなっていますが、二重ラインの陥凹はまだ目立ちます。

幅広二重は傷跡が目立たなくなるのに時間がかかります。

幅広平行二重切開手術後3か月下方視

下を向いた時は食い込みは目立ちませんが、陥凹はまだ認めています。

二重の作り方には十分に配慮していますので、以前のブログでご紹介したような著しい食い込みや、二重下のぷっくり感は認めません。

二重はなぜ食い込むのか?原因と修正手術について

二重ラインの食い込みは初切開が肝心!(重症編)

幅広平行二重切開手術後3か月メイクあり

ちなみに全切開手術後3か月でうっすらメイクとコンタクト装着した状態です。

率直に、素晴らしく綺麗だと思います!

幅広平行二重切開術後6か月開瞼

全切開手術後6か月の状態です。

二重幅も落ち着いて、二重はほぼ完成です。

綺麗なアーチを描く二重が綺麗ですね。

目の開きも良好で、幅広平行二重がとても良く似合います。

幅広平行二重切開術後6か月閉瞼

目を閉じると、傷跡自体は目立ちませんが、やや陥凹した部位が残存しています。

術後1年ではもっと目立たなくなると思いますが、超幅広二重の場合はある程度の陥凹は残ることが多いです。

幅広平行二重をご希望の患者様にはその点もお伝えしておく必要があります。

幅広平行二重切開術後6か月下方視

下を向いた時の陥凹は消失しています。

傷跡も目立たず、もちろん二重ラインのキツイ食い込みも認めません。

幅広平行二重手術後6か月コンタクトあり

コンタクトを装着してもらいました。

大きな瞳と幅の広い平行二重がマッチしてとても良く似合っています。

これでメイクをしたら、目元が強調されることまちがいありませんね!

幅広平行二重は綺麗仕上げることができれば目元の印象を強調することができる二重です。

一方で、幅広平行二重で失敗して当院へご相談にみえる患者様は少なくありません。

蒙古襞の発達やツッパリ具合、まぶたの厚み、目の大きさ、目の開き具合などまぶたや目元の特徴は人それぞれです。

ただ通り一辺倒に幅の広い位置を切開して二重をを作れば成功するわけではありません。

のちにこのブログでもご紹介しようと思いますが、幅広平行二重を希望してとんでもない状態の二重になってしまう場合もあります。

綺麗な幅広二重を作るにはどのようにすれば良いか知っていなければなりませんし、それぞれの患者様の目元に応じた対策を立てなければなりません。

どのような方法で二重を作るかについては、担当医から手術方法について十分な説明を受けることをお願いいたします。

以上、幅広平行二重についての中・長期経過です。

皆様の参考にしていただければと思います。

院長ブログ

スタッフブログ